日如上人ご指南①

 自行化他の実践で、はじめて自身の幸せもかなう

自行化他にわたるということは、やはり大乗仏教の精神がそうなのです。大乗仏教の精神とは、自分だけが幸せになるのではないのです。自分と共に、他の多くの人達も幸せになっていくというのが、大乗仏教の大乗たる所以(ゆえん)なのです。「大きな乗り物」というのは、そういう意味なのです。
 これに対して小乗仏教は自分一人だけのための修行です。だから小乗の人達は自分自身の成仏のためには血のにじむような苦労をして、それこそ到底、我々にはできないような厳しい修行をするのだけれども、二乗の者達は仏様からどのように言われたかというと、「おまえ達は永遠に成仏をしないぞ」と言われたのです。それはなぜか。自分のことしか考えず、他人のことを考えないからです。だから「それでは、おまえ達は成仏しないぞ」と言われたのです。
 それが今、ようやくこの妙法に出会って、小乗の人達も成仏ができるということになったのですが、これはまさに自行化他の信心だったからなのです。だからお題目を唱えたならば、その功徳と歓喜をもって折伏に出向き、人を救っていくことが大事なのです。折伏というのは慈悲行ですから、最高の仏道修行です。
 また、折伏をとおして、自分の様々な悩みを解決できるのです。今日の悩みも、過去から持ち込んできた過去遠々劫の様々な悩みも全部、折伏によって解決できるのであります。要するに、自行化他の題目を唱えていくということ、つまり唱題をするとともに、多くの方々の幸せを願って折伏していくということが大事です。
                         (功徳要文 194頁)

日如上人ご指南 ②

信ずることと、実行すること

 「叶ひ叶はぬは御信心により候べし。全く日蓮がとがにあらず」(御書1519)
という御文があるのです。ここはしっかりと覚えなくてはなりません。

朝夕の勤行もしない、お寺にも行かない、折伏もしない。にもかかわらず、たまたま十年に一回くらい御本尊様にお願いしてみようか、といったところで、それではだめなのです。やはり信心がなければならないのです。
 御本尊様の功徳は、信心の二字をとおして初めて、体得することができるのであります。ですから、有名な御文として、
 「仏法は海の如し、唯(ただ)信のみ能(よ)く入る」(御書1388)
というお言葉がありますように、仏法というのは広大無辺なる慈悲の上に立っているわけであります。

 

これは、どんな人でも成仏に導くという意味で、広くて深い大きな海のようなものであります。だから一見、どこからでもその海に入っていけると思いがちなのですが、それは違います。

仏法という海には、信心という入り口しかないのです。この信心がない状態でも、祈ればなんでもかなうのかというと、けっしてそうではないのです。そこに、朝夕の勤行をはじめ普段の信心が大事だという所以(ゆえん)があるのです。


 それこそ智慧(ちえ)才覚(さいかく)のない小さな子供であっても、本当に一生懸命にお題目を唱えていくと、そこには必ず功徳があるのです。

しかし、どんなに智慧がある、舎利弗(しゃりほつ)尊者のような方であったとしても、その智慧才覚をもって仏に成ることはできない。

「以信得入」(いしんとくにゅう)という言葉で表されるように、信心によって初めて成仏できるということであります。
 「よし、今日はいいことを聞いたぞ。そうか、祈ればなんでもかなうのだな」ということだけではなく、やはり御自分で努力をしてください。努力なくして、何事もかないません。
                          (功徳要文 214頁)

日如上人ご指南 ③

「さぼり」「ものぐさ」は、よくない結果ばかり生む

「精進(しょうじん)」というのは、諸々の善法に励み、やむことなく継続することであります。

遣教経に
 「たとえ小さな流れであっても、絶え間なく流れていけば、大きな石でも穿(うが)つことができる」
とあります。また、よく世間でも「学問に王道なし」とか「学問に近道なし」ということをいいます。


 これはまことに大事なことでありまして、何事も努力なしに、手軽に身につけられる特別な方法などということはありません。努力ということを怠れば、当然の如く、何事も成就することはできません。


 努力を怠る。つまり懈怠(けだい)謗法は、十四誹謗のなかにもありますが、そもそも懈怠とは、怠慢(たいまん)、懶惰(らんだ)、横着(おうちゃく)、ものぐさ、無精(ぶしょう)、ずぼら、ということを言うのであります。


『大智度論』のなかには
 「懈怠は不善を増長す」                      
という言葉があります。つまり、懈怠があれば、悪を断ち、善を修めることができないということで、我々の広布の戦いのなかにあって、このようなことがあっては、けっしてならない。                            (平成26年3月)

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info