日蓮正宗のお寺に来てみませんか?

日蓮正宗 妙通寺本堂

 

 

日蓮正宗には、日本国内をはじめヨーロッパ、アフリカ、アジア、南北アメリカなど世界各国に700を超える大石寺の末寺、布教所などがあり、地域の信徒の育成や冠婚葬祭等を行っています。


 あなたも一度、妙通寺を訪問し、僧侶による法話を聞いたり、南無妙法蓮華経への信仰による歓喜に躍動する人々の体験に耳を傾けてみませんか? あなたがずっと探し求めていたものは、かならず妙通寺で見つけることができるはずです。


○お寺へ行くと、無理矢理入会させられるのではありませんか?
 私たちは、「日蓮大聖人の教えこそ最高である」と信じています。

ですから、あなたにも、自信をもって、私たちとともに妙通寺で信仰の道を歩むようお勧めします。
 しかし、だからといって、監禁して帰らせないようにしたり、「このまま帰ると不幸になる」などといって脅し、あなたを強制的に入会させるようなことは、ぜったいに行ないません。どうか安心して、妙通寺を訪問してください。

○信仰には、お金がかかるのではありませんか?
 妙通寺を訪問しただけで、お金がかかることは一切ありません。
 もちろん、日蓮正宗に入信し、妙通寺において葬儀や法事などの冠婚葬祭を願い出る際には、御本尊に御供養を供えていただくことになります。
 しかし、日蓮正宗は、一人ひとりが、正しい信仰を基に心を磨き、真剣に御本尊に祈って幸せになっていく仏道修行を第一に説く宗教ですから、「悩みを解決するためには、この壺を、○○万円で買いなさい」等というような悪質な霊感商法を行なうことは、絶対にありませんから、どうぞ安心してください。

○「今は困ったことがないので宗教は必要ない」という方へ
 私たちは、普段から皆さんに、日蓮大聖人の仏法について対話を重ねています。するとなかには、「今は困ったことがないから、宗教は必要ありません」と言って、仏教の話に耳を傾けてくださらない方がいます。しかし、日頃、宗教に関心を持たない人ほど、「家族が病気になった」「だれだれが急に亡くなった」などの突然の不幸にみまわれたとき、藁をもつかむ気持ちから、いい加減な宗教にだまされるといった例が少なくないのも事実です。
 平穏な日々を送っている時だからこそ、「真実の信仰は何か」「自身を磨き高めることのできる最高の教えはどこにあるのか」について、冷静に判断することができるというものです。 
 いい加減な宗教にだまされないためにも、一度、妙通寺へ来て、話を聞いてみてはいかがでしょうか?

○「いまさら、改宗することはできない」という方へ
 先祖代々続く宗教を、自分の代で改宗することに抵抗を感ずる人は多いものです。
 しかし、よく考えてみてください。あなたの家の宗教が今の形に決まったのは、先祖のうちの誰かがある時期に改宗したからに他なりません。

「あなたの代で改宗してはいけない」理由はどこにもないのです。
 信仰とは本来、家のしきたりなどで強制されたり、行動を縛り付けられるようなものではなく、あくまでも個人の自由意思によるべきものです。
 いま、あなたに大事なことは、「我が家は先祖代々○○宗だから」と先祖に責任を転嫁するのではなく、あなた自身が、自分や家族の未来の幸せを託すことのできる、正しく確かな信仰を、みずからの意思で選び、実践していくことなのです。

まず、やってみましょう!

 日蓮大聖人の言葉 『一念三千法門』
 「百千合はせたる薬も口に飲まざれば病も癒えず。蔵に宝を持てども開くことを知らずしてかつへ、懐に薬を持ても飲まんことを知らずして死するが如し」(御書110頁)

Twitterはじめました!

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info