日寛上人ご指南

『観心本尊抄文段』 


◇本門の本尊


是れ則ち諸仏諸経の能生の根源にして、諸仏諸経の帰趣(きすう)せらるる処なり。故に十方三世の恒沙の諸仏の功徳、十方三世の微塵の経々の功徳、皆、咸(ことごと)く此の文底下種の本尊に帰せざる莫(な)し。譬えば百千枝葉同じく一根に趣くが如し。故に此の本尊の功徳、無量無辺にして広大深遠の妙用有り。故に暫(しばら)くも此の本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うれば、則ち祈りとして叶わざる無く、罪として滅せざる無く、福として来たらざる無く、理として顕われざる無きなり。

 

◇弘安二年の大御本尊こそ究極の御本尊

 

 (大石寺に厳護されている大御本尊こそ、日蓮大聖人が一生の間に顕わされた数々の御本尊の中でも、一番、根本となる御本尊であるということ)

 

弘安元年已後、究竟(くきょう)の極説(ごくせつ)なり。就中(なかんずく=とくに)、弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐(ほんがい)の中の本懐なり。既に是れ三大秘法の随一なり。況(いわ)んや一閻浮提総体の本尊なる故なり。

『寿量演説抄』

◇本門戒壇の大御本尊まします大石寺こそ本門義の戒壇の霊地


本門の戒壇の御本尊在(ましま)す上は、其の住処は即戒壇なり。其の本尊に打ち向ひ、戒壇の地に住して南無妙法蓮華経と唱ふる則(とき)んば、本門の題目なり。志有らん人は登山して拝し給へ。

『如説修行抄筆記』

◇自行化他に亘る題目の大事

 

 

心に折伏を忘れて四箇の名言を思わずんば、心が謗法になるなり。口に折伏を言わずんば、口が謗法に同ずるなり。手に数珠を持ちて本尊に向かわずんば、身が謗法に同ずるなり。

故に法華本門の本尊を念じ、本門寿量の本尊に向かい、口に法華本門寿量文底下種・事の一念三千の南無妙法蓮華経と唱うる時は、身口意(しんくい)の三業(さんごう)に折伏を行ずる者なり。是れ則ち身口意三業に法華を信ずる人なり。

 

 

 

 

 

 

 

◇子供は親を選んで産まれてくる

 

 衆生、前生に善悪の業を作り已って、死して中有にある時、其の業力に由り、能く生処の父母の交会を見て愛心を起こし胎内いやどる。これを識と云ふなり。識と云ふは心法なり。 

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info