私は学会員です。でも、創価学会の友人葬はぜったいにイヤです。

日蓮正宗で葬儀を行なってもらえますか?


質問) 

 私と私の家族は皆、創価学会員です。

 最近の創価学会の方針にはついていくことができず、ほとんど会合に参加していません。おつきあいで聖教新聞を購読している程度で、読んでもいません。

 御本尊は15年ほど前、地区部長が「古くなっていたようだから、新しい御本尊を会館でもらってきてあげた」と言って、勝手に交換していきました。それからというもの、仏壇にも、ほとんど手を合わせてもいません。

 こんな我が家でも、いざという時、日蓮正宗で葬儀を行なってもらえますか?

 また、葬儀を行なっていただくとなると、いくらくらい用意すればいいのでしょうか?


答え) 妙通寺に申し込んでいただければ、日蓮正宗の正しい葬儀を行なわせていただきます。名古屋市内や県内のご自宅、葬儀社の会館、どちらにでも伺います。

 しかしそれには条件があります。


 ① 葬儀が終わって落ち着いたころ、創価学会とは手を切り、ご家族一同で日蓮正宗 

   妙通寺の檀信徒になっていただきます。(日蓮正宗では、宗派を問わない儀式は行な  

   いません。檀信徒の願い出に基づく葬儀・法事を行なうことになっているからです)

 

 ② 御本尊は信仰の根本です。創価学会の本尊をそのまま自宅に飾ったまま、妙通寺の

   檀信徒になることはできません。住職と相談のうえ、日蓮正宗の正しい御本尊様に

   戻していただきます。(総本山より真正な御本尊を御下付)

 

 ③ 葬儀の御供養料(お布施)の金額は、日蓮正宗では決まりがありません。

   あなたの家庭で用意できる精一杯の御供養を、妙通寺の御本尊にお供えください。

 

  以上を了承のうえお申し込みいただければ、葬儀を行なわせていただきます。

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info