創価学会初代会長 牧口常三郎氏の指導

 

○(牧口常三郎会長の指導)
 「信者とはたゞ『南無妙法蓮華経』をお唱へする人であると思うが、信者でも邪法を信ずる者は実は不信者で謗法という。『日蓮がたましひ(魂)をすみ(墨)にそめなが(流)してかき(書)て候ぞ信じさせ給へ。仏の御意は法華経也。日蓮がたましひは南無妙法蓮華経にすぎたるはなし』と仰せられた御本尊の中、総与の御本尊と称して、大石寺に伝へられる大御本尊を信じ奉る者が正しい信者である」(大善生活実証録 2ページ)

 

○(牧口常三郎会長の指導)
 「日常生活に親密の関係の価値論でそれをやらないから、無上最大の御法も十分に判ろう筈がない。とはいえ御寺を離れ、正師に遠ざかれば、正しい法門はわからない。故に我々はただ生活上に実験証明して御寺へ導くのを本旨とし、これが在家に於ける我々の役目であるとしている。(略)どこまでも御開山上人の正しく御伝へ下された、日蓮正宗大石寺の御法義に従い奉って『自行化他』の大善生活をなし、国家教育の革新に貢献したいと念願しているのである」(同前5ページ)

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info