日蓮正宗の信仰

不安な社会を生き抜くために

 現在、私たちは世界的な経済危機をはじめとする様々な苦難に見舞われ、行き先の見えない社会生活を余儀(よぎ)なくされています。

そのほか、仕事や人間関係によるストレス、病気、老後の問題など、不安な要素は数限りなくあります。こうした不安な社会を生き抜くために私たちは、何を心の支えとしていけばよいのでしょう。
日蓮大聖人はすべての人々を救うために、南無妙法蓮華経の教えを打ち立てられました。
  あなたも仏様の真実の言葉に耳を傾けてみませんか。

 

日蓮大聖人の教え・信仰の功徳
 
日蓮大聖人は、信仰をたもつ信徒に「法華経を信ずる人は冬のごとし。冬は必ず春となる」           

                                  (御書832)

と教えられています。
これは、どんなに苦しい状況にあっても、妙法を信じていくならば、必ず幸せになれると励まされたお言葉です。日蓮大聖人の教えを素直に信じ、妙法の信仰をたもつことにより
 ①御本尊に祈念する願いや希望が必ず叶えられる
 ②生命が浄化され、物事を正しく判断できる智慧をさずかり、悩みや苦しみに打ち勝つ強い心を持つことができる
 ③自分だけではなく、周りの人々をも真の幸せに導くことができる
 ④父母を救い、先祖代々の人々を成仏させ、子孫に幸せをもたらす福徳を備えることができる
  など、さまざまな功徳を得ることができるのです。
 実際に、多くの人々が日蓮大聖人の教えを信仰・実践して、もろもろの苦難を克服し、歓喜と感謝に満ちた日々を過ごしています。
 限りある人生、かけがえのない尊い一生を、誰もが悔いなく幸せに送りたいと願っています。
 
   さあ、あなたも妙通寺へ足を運び、幸せへの一歩を踏み出しましょう。私たちはいつでもあなたを待っています。


日蓮正宗 総本山大石寺(たいせきじ)

 750年の歴史をもつ日蓮正宗の総本山・大石寺は、正応3(1290)年10月、宗祖日蓮大聖人より法脈を受けられた第二祖日興上人によって開創されました。
 近年、参詣信徒の増加にともない、寺域の整備、諸堂宇の建立が進められ、壮大かつ優美な一大霊場となっています。

  

(日蓮正宗の現況)  国内~寺院             653 

                               教会                        34 

                               出張所等                   14
                               海外~寺院・布教所     31  

                               信徒居住国                52ヶ国
                                                                  (平成24年8月現在)

                                                

                                                    ~日蓮正宗リーフレットより一部転載~

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info