涅槃経如来性品第四

○毒鼓の縁

「譬えば人有りて、雑毒薬を以って用いて太鼓に塗り、大衆の中に於いて、之を撃ちて声を発(いだ)さしむるが如し。聞かんと欲するに心無しと雖も、之を聞けば皆死す。唯一人不横死の者を除く。是の大乗典大涅槃経も、亦復是の如し。在在処処の諸行の衆中、声を聞く者有れば、有らゆる貪欲(どんよく)・嗔恚(しんに)・愚癡、悉く皆滅尽す。其の中、思念に無心なる有りと雖も、是の大涅槃因縁力の故に、能く煩悩を滅して、而して結自ら滅す。犯四重禁及び五無間も、是の経を聞き已れば、亦無上菩提の因縁を作り、漸く煩悩を断ず。不横死の一闡提の輩を除く」

 

 

涅槃経

○謗法を見て見ぬふりをするのは仏法中怨

 涅槃経第三「若し善比丘あって法を壊(やぶ)る者を見て、置いて呵責(かしゃく)し駆遣(くけん)し挙処(こしょ)せずんば、当に知るべし、是の人は仏法の中の怨(あだ)なり。若し能く駆遣し呵責し挙処せんは是れ我が弟子、真の声聞(しょうもん)なり」文。                

                         (撰時抄愚記 御書文段292㌻)

 

仏法聴聞の大事 『大智度論』
 「水中に生熟せる蓮華も、日光を得ずんば開かざるが如し」(大正蔵25-63 取意)

 

如来の事を行ずること 天台大師 『法華文句』

 今日の行人は能く大悲有って、此の経の中の真如の理を以て衆生の為に説いて利益を得せしむ。亦如来の事を行ずと名づくるなり    (文句会本中 富士学林版 635㌻)

 

病気の原因と克服方法 天台大師 『法華玄義』

 「今我が疾苦は皆過去に由る、今生に福を修すれば、報は将来に在り」(玄義会本下 富士学林版 22㌻)

 

 

誓願を持ってこそ、修行は持続できる 天台大師『摩訶止観』

「誓願無きは、牛の御無くして所趣を知らざるが如し。願来って行を持し、将て所在に至る」(誓願のない修行は、牛飼いのいない牛が行き先を知らずにさまようようなものである。誓願の力によって修行が持続され、目標へと導かれるのである)(止観会本下 富士学林版 195㌻)

 

 

 無疑曰信

 『法華文句』巻十上の文。「疑い無きを信と曰う」と読み下す。仏の教法に対して、いささかも猜疑心のない状態を「信」とするとの意。

 

 

法は是れ聖の師 人は軽く法は重し

 「七宝をもって四聖に奉ずるも一偈を持するに如かず。法は是れ聖の師、能く生じ能く養い能く成じ能く栄うること法に過ぐるは莫し、故に人は軽く法は重きなり」

                               (文句会本下 505)

 「今、発心は法に由るを生と為し、始終に随逐するを養と為し、極果を満ぜしむるを成と為し、能く法界に応ずるを栄と為す。四は同じからずと雖も法を以て本と為す」

                        (妙楽の補釈 文句会本下 505)

 

儒教はこれ、内典の序論なり

「三に、病に応じて薬を授くとは、既に苦集の病を知り、又道滅の薬を識る。若し衆生に出世の機無く、根性薄弱にして深化に堪えずんば、但世の薬を授く。孔丘・姫旦の如き、君臣を制し父子を定む。故に上を敬し下を愛し、世間大いに治る。礼律節度あって尊卑に序有り、此れ戒を扶くるなり。楽は以て心を和し風を移し俗を易(か)う、此れ定を扶くるなり。先王の至徳要道は、此れ慧を扶くるなり。元古混沌として未だ出世に宜しからず。辺表の根性、仏興を感ぜず。我三聖を遣して彼の真丹を化せしむ。礼儀前に開けて、大小乗経は然る後に信ずべし。真丹既に然なり、十方も亦爾なり。故に前に世法を用いて之に授与す云々。

(妙楽大師の補釈)

「先に世の法薬を授くることを明かす中に、如孔丘等とは、姓は孔、名は丘、字は仲尼。周公は、姓は姫、名は旦。を制し楽を作して、五徳は世に行わる。仏教の流化、実に茲に頼る。礼楽前に駆せて真道後に啓く。(大石寺版 摩訶止観会本中 669㌻)

 

◇過去の因を知らんと欲せば…

「過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ」(心地観経 開目抄より引用 御書572㌻)

 

 

◇鬼神より魔神をおそるべし

 「鬼は但身を病ましめ、身を殺す。魔は則ち観心を破し、法身の慧命を破す」

                          (摩訶止観 会本下321㌻)

 

◇慢心の誡め

 「慢は高山の如く雨水停(とどま)らず」(摩訶止観 会本中141㌻)

 

 

 

◇神力品の結要付嘱について

 「其の枢柄を撮ってえを授与す」(学林版文句会本下四六七㌻)

 

 

◇法華折伏破権門理

 「法華は折伏して権門の理を破す」(法華玄義 会本下502)

 

 

◇病人の看護こそ、福徳の第一となる

 「若(なん)ぢ仏子、一切疾病の人を見ては、常に応(まさ)に供養すること仏の如くにして異ること無かるべし。八福田(仏、聖人、和尚、闍梨、僧、父、母、病人)の中に看病福田はこれ第一の福田なり。若し父母、師僧、弟子の疾病、諸根不具、百種の病、苦悩あらば皆供養して差(い)えしむべし」(梵網経 国訳一切経律部12-339)

 

 

◇法華は一代の総括にして究極 軽慢する者は口中が爛(ただ)れる

 「法華は衆経を総括して而も事は此に極まる。人、此の理を水、是を因縁の事相と謂って軽慢すること止まざれば、舌、口中に爛れん」(法華玄義 国訳一切経経疏部1-90)

 

◇ 慈悲は是れ仏道の根本なり  『大智度論』

「慈悲は是れ仏道の根本なり。所以いかんとなれば、菩薩は衆生が老病死の苦、身苦、心苦、今世後世の苦等の諸苦の悩むところを見て大慈大悲を生じ、是の如きの苦を救って、然る後に発心して、阿耨多羅三藐三菩提を求む。また大慈悲力を以ての故に、無量阿僧祇世の生死の中において心厭没せず、大慈悲力を以ての故に、久しくして涅槃を得べくして而も證を取らず。是を以ての故に、一切諸仏の法の中にて慈悲を大と為す。若し大慈大悲なければ便ち早く涅槃に入る。

 また次に、仏道を得る時、無量甚深の禅定、解脱、諸の三昧を成就し、清浄の楽を生ずるも、棄捨して受けず、聚落城邑の中に入って、種種の譬喩因縁もて説法し、其の身を変現し、無量の音声もて一切を将迎し、諸の衆生の罵詈誹謗を忍び、ないし自ら伎楽をなす、みな是れ大慈大悲の力なり。」(大正蔵25巻256c)

 

 

◇座してみずからの悟りを求めるだけではいけない 『大智度論』

 「仏の智慧のよくする所は、遍く知る者あること無し。大慈大悲の故に、世世に身命を惜しまず、禅定の楽を捨てて、衆生を救護したまふは人みなこれを知る。仏の智慧においては比類して知るべく、了了と知ることあたわず。」(大正蔵25巻257a)

 

◇「慈悲」とは抜苦与楽  『大智度論』

「大慈は一切衆生に楽を与え、大悲は一切衆生の苦を抜く。大慈は喜楽の因縁をもって衆生に与え、大悲は、離苦の因縁をもって衆生に与う」(大正蔵25巻256b)

 

 

 

◇末法は正法を説いても怨嫉多く、度し難し  『法華文句』

如来在世〔在世は現本は現在に作る〕猶多怨嫉とは、四十余年に即ち説くことを得ず。今説かんと欲すと雖も、而も五千は尋で即ち座を退く。仏世尚爾り、何に況んや未来をや。理は化し難きに在るなり。(富士学林版 法華文句会本 中644ページ)

 

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info