お酒はほどほどに

                  飲み過ぎると、こんな損をします…


◇飲酒(おんじゆ)の三十五失 酒を飲み過ぎると、様々な禍(わざわい)の因縁となることが、『大智度論』巻十三に説かれています。今それを、現代的に意訳すると次のとおりです。

 飲み過ぎると、
  ①財産を失う           ②多くの病気になる         ③争いの元を作る
  ④裸体を露(あら)わにして恥を忘れる      ⑤他人が尊敬できなくなる
  ⑥智恵を覆(おお)い隠す    ⑦欲しい物が手に入らず、それ以上に大切なものを失う
  ⑧隠すべき秘密を、他人に話してしまう
  ⑨仕事が思うようにはかどらず、目的が達成できなくなる
  ⑩失敗が多く、家族の悲しみを増やす  ⑪体力が衰退する
  ⑫体調を崩す    ⑬父を尊敬しなくなる    ⑭母を大切にしなくなる
  ⑮信仰者を尊敬しなくなる     ⑯信仰に励む人の悪口を言うようになる
  ⑰年長者を敬えなくなる   ⑱仏様を敬慕しなくなる 
  ⑲仏の教えが大事だと思えなくなる    ⑳出家僧を尊敬しなくなる
  ㉑悪友が増える      ㉒自分に忠告してくれる賢善の人から遠ざかる 
  ㉓やってはいけないことを、やってしまう
  ㉔無懺無愧(むざんむき)(反省できない)な人になる 
  ㉕六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)がコントロールできなくなる 
  ㉖度が過ぎた好色になる      ㉗とにかく他人から嫌われる 
  ㉘親族や知人から遠ざけられる     ㉙勤行・唱題をしなくなる
  ㉚善法を捨てる        ㉛正法を信ずる智人から信用されなくなる
  ㉜涅槃(成仏の幸せな境界、安心した生活)から遠ざかる 
  ㉝暴れ狂ったりして、自身を制御できなくなる 
  ㉞寿命を縮め、死後には悪道(地獄・餓鬼・畜生)に墜ちて苦しむ 
  ㉟再び人間に生まれ変わっても、同じ過ちを何度も繰り返して苦しむ

 

※「酒は百薬の長」と言われるように、ストレス発散などには有効的な“薬”となることもあります。しかしどんなことも「程よさ(中庸)を知る」ことが大切。楽しくおいしいお酒を、いつまでも楽しめるよう、お互いに気をつけましょう。

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info