日顕上人ご指南①

 大切な人に信心をしてもらおう ~無関心・無気力は無慈悲のふるまい~

「子供の謗法の姿、不信の姿を何とも思わない親、親の謗法を見過ごして気の毒にも思えない子供、兄弟・親類・友人等の謗法を心の底から気の毒であると思えないことがたとえ自分が信心をしているといっても、謗法与同(よどう)の姿になります。

いわゆる無関心・無気力は、やがて地獄・餓鬼(がき)・畜生の三悪道行きの原因であります」

 

 

 幽霊・障魔の克服は、妙法信心による守護の働きによってこそ叶う

 末法の人々の周囲には、その人を不幸に落とそうとする、あらゆる障魔(しょうま)が存在する。得体の知れない地獄、餓鬼、畜生のようなものの幽霊が取りついて障礙(しょうげ)をなしたり、また過去の障りが病魔として表われたり、現在の心のなかの迷いが障魔として出て、あらゆる苦痛と不幸が生ずる。また、人間関係の上からの怨憎会苦(おんぞうえく)に悩まされることもある。

 しかし、大聖人は南無妙法蓮華経を「獅子吼」と仰せである。師子があらゆる獣(けもの)を怖れないように、信力を強く持ち唱題すれば、あらゆる苦難と障りを消滅し脱却する。これは、妙法受持の人に対し法華経を護る法界の生命、鬼子母神、十羅刹女等が守護するのである。(「すべては唱題から」42ページ)

 

 

 末法本未有善の私たちが、なにゆえに久遠の弟子「地涌の菩薩」たりえるのか?

 大聖人は、末法において妙法蓮華経を弘め唱える者は、男女共に地涌の菩薩の出現であると仰せられている。しかしまた、末法は釈迦仏の化導の仏縁による本已(ほんい)有善の衆生は消滅し、仏法に縁のない本未(ほんみ)有善の衆生のみが生ずる時であるとも仰せである。この違いを、どのように拝すべきであろうか。

 これは、久遠元初よりの下種仏法の因縁と、久遠本果よりの脱益仏法の因縁が異なることによる。初めは本未有善として全く仏法に縁のない末法の衆生が、妙法を受持し、題目を唱え、折伏を行ずるとき、地涌の菩薩の命に生まれ変わる。したがって、久遠以来、妙法を行ずる清浄な地涌の徳がそのまま、その者の命となり、久遠以来の妙徳が生ずる。これが妙法不思議な功徳なのである。

                      (「すべは唱題から」41ページ)

 

 唱題は、曲がった心を正す

 法華経は一代仏教の中心で、題目は法華経の肝心である。故に題目は一代仏教全体の肝心でもある。題目は、自らも唱え他の人々にも勧めることが大きな功徳を積むのである。人々の心は、様々な過去からの罪業と、現在持つ多大な煩悩で歪曲している。それはあたかも曲がった木のようなものである。その曲がった木も、まっすぐな墨縄を打てば建築の材料として使えるように、曲がった心は題目の功徳によって自然にまっすぐになる。それには、法華経に説かれてある不思議な功徳を信ずることであり、経の説くままに素直に信じて唱えることにより、曲がった心もまっすぐになっていくのである。

 題目は仏の心がそのまま顕われているから、無心に唱えるとき、その心がおのずから衆生の心に入るのである。題目の尊さを心奥に銘記することが肝要である。

                      (「すべは唱題から」58ページ)

 

 

 心やすらかな日々をすごすために~現世安穏・後生善処の功徳

 題目を唱えていくことによって、おのずから現在世が安穏になり、未来世が善い境遇になるという御指南がある。現世が安穏になることは、一にかかって心の安らかな状態が続くことである。

 一切の人々は、心が色々なことに迷う故に、心に安らぎがない。妙法受持により、現世が安穏になると断定すれば、そんなことがあろうかと反論する人も多いだろう。しかし、人の心には、まず求不得苦の悩みがある。欲が深ければ深いほど、求めてしかも得られない苦しみは大きい。あらゆる人が、なんらかの欲求による現状不満足の悩みを抱えているのは事実である。また愛別離苦という、愛する親、兄弟、妻子、眷属に別れる苦しみや、怨憎会苦という、我に怨(あだ)する憎むべき者と会う苦しみも多く、時と境遇の移り変わりによって色々に現われる悩みがあることは、万人に共通している。そして、生命は心と身体とによって出来ているが、この結合によって「おれが」「私が」という我意識が存する。この我が基となって、あらゆる欲望が焰(ほのお)のように燃え上がる。これが身心の欲望の熾盛(しじょう)な用きによって生ずる五陰盛苦(ごおんじょうく)で、すべての苦悩を惹起(じゃっき)するのである。

 このように、我々の身心、特に心は悩みの元である。この不満足を解決しようとして、人々はあらゆる工夫や策略を練って種々のことを実行するが、それが次から次へと新しい苦悩を生むに至る。これは全体の融通性に暗いためで、小我の無智な凡夫の身心に執われているから、結局、正しい解決がつかないのである。

 この苦悩の解決には、広大にして根本的な法理を具える題目を信じ、また行ずることが肝要である。その法理の相を詳しく言えば、我々の身心は本来が尊く、不思議なのである。その不思議とは、無智な凡夫の到底、考えられないことであるが、しかしまた、これには三つの真理の大存在がある。

 その一つは、我々自身が絶対空という真理である。その二は、内的原因と外的な縁、つまり無量の因縁によって仮に我という身心が現れているところの仮(け)の真理である。その三は、右二つの真理の一方にも片寄らず、その両方を含み具える中(ちゅう)という真理であるが、この三は総体的な各別の存在ではなく、その一々に他の二が宛然として具わる、絶対の三即一、一即三の円(まどか)な法理である。これは、あらゆる者に無限の意義と値打ち、すなわち自由・平等・尊厳が具わることを示す故に、限りなく尊いのである。この法理は、一切衆生の身心と、それによる存在と生活におのずから具わっているから、我々の身心は本来、絶対に円満そのものであり、すべてを正しく照らす智慧と不動の徳と、様々な部分的に派生する善悪を包含する大善の体なのである。

 この大法理が、各におのずから具わるにもかかわらず、人々はこのことを全く知らず、ただ小さな自我による目前の欲求のみに執われている。この大法理を、一言にして顕した教法が南無妙法蓮華経の五字・七字なのである。妙法の深さ、大きさ、深さは凡智で到底、計り知ることはできない。しかし、妙法を信じて題目を唱えるところに、この法理の体はすなわち我が身であるから、妙法の尊い真理・価値の内容のすべてがその身心によみがえるのであり、求めずして安楽な境界が自然に現われるのである。人生百般のあらゆる種類の苦悩も、この妙法全体の真理のなかに存在しているから、色々な理論や理屈野説明による納得で知り得るものでなく、繕うことのない、ありのままの身心において、無作という融妙不思議な安らぎと善悪を正しく思いきる尊い自覚が現前する。

 しかし、ただ心に妙法を観念するだけでは、具体的、実質的な妙果は得られない。すなわち、妙法の実体を的として、声を出して題目を唱えることが肝要である。この妙法の体とは、久遠より妙法を所有あそばす下種本仏・日蓮大聖人の大慈悲により顕わされた大曼荼羅御本尊である。この御本尊を的として信じ行ずることで、妙法の功徳が確立する。故に一切衆生は南無妙法蓮華経と唱えることにより、真の安楽がある。この安楽の心地をもって、各の与えられた境遇で生活するとき、悠々として行住座臥(ぎょうじゅうざが)を楽しむのは、この世界が妙法の世界と達して、そのなかで遊び暮らすこと、すなわち遊楽の生活である。大聖人の御金言に

 「一切衆生、南無妙法蓮華経と唱ふるより外の遊楽なきなり」(四条金吾殿御返事 平成新編御書991ページ)

と、法界の一切を貫く絶対の御指南を拝する。これは、我らの心は知らなくとも、その一念は法界全体に通じているので、あらゆる功徳を享受する一念三千の仏因仏果が生まれる。凡夫そのままで、なんら作ることなく、その身心を仏の体と用きとして、受け用いるのである。そこにまた、おのずから後生善処の福徳も具わる。すなわち、どのような苦しみも楽しみも、それを素直に受けつつ、また執われずに南無妙法蓮華経と唱えるところ、すべてを超越しつつ、現在をそのまま大楽として受け用いる境界である。これが自受法楽の凡夫即仏の自行であり、また、これが必ず化他折伏の行に至るのである。(「すべては唱題から」57ページ)

 

 

 

一切を御本尊にお任せし、唱題に励めば必ず問題は解決する

 

 今自分は悩み苦しんでいる。人から悪口を言われている。人と対立している。それらのことをどのように解決したらよいか、など、ありとあらゆる善いこと、悪いことのすべてを、大聖人様のお心を拝しつつ、大聖人様の御教えに順ずる心をもってお題目を唱えてごらんなさい。必ず解決するはずです、その解決が、また、尊いのです。その体験、その心を持っておるならば、「私はお題目によって、これだけのことを、このようにして得ることができた」と自信をもって話ができるのです(中略)次から次へと本当の題目の功徳をつかんでいったならば、つまり、五十展転随喜の功徳が広がっていくならば、広宣流布は、まさしく人から人へと確実に正しく伝わっていくのであります。

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info