井昭衛氏へのメッセージ

 

 浅井昭衛氏は、なにかにつけて、日蓮正宗に種々の働きかけをしています。これはおそらく、信仰的にいえば、浅井昭衛氏は、ご自分が間違いだったことに気づかれた証左と言えるのではないでしょうか。つまり、

 「自分や、自分のお父さん(故甚兵衛氏)は、創価学会の池田大作氏のやり方が気に入らず、頭にきてしまって、それを批判するあまり、やりすぎてしまった。言い過ぎてしまった。ぜったいにしてはならない御本山と御法主上人を誹謗してしまった。大きな失敗だった。振り上げた拳をどのように下ろせばよいのかわからない」

 「宗門に謝っても、そう簡単に許されることはないだろうから、とにかく、『自分たちは悪くない。池田大作に利用された日達上人の方が悪かったんだ』と言いたいがために、わざわざ日達上人の親戚という人を探してきて『日達上人の「死相が悪かった、だから自分たちは正しかった』と顕正新聞で言ってしまった。しかし、日達上人の親戚と名乗った者すらニセモノだったことが判明し、これ以上、信仰的に恥の上塗りはしたくない」

 「とにかく浅井家は、一家そろって大御本尊の元にもどり、昔ながらの信心がしたい。お山にいきたい。どうしても、死ぬまでには大御本尊の御開扉をお受けしたい」

と思い、どうしたらよいのか、必死に、もがいておられるのでしょう。

 

 そうであるならば、浅井昭衛氏にはぜひ思い出していただきたい。

 日蓮大聖人の信心は、名字即極即身成仏の教えであり、智慧や知識、能力ではなく、ただ「御本尊様がありがたい」という素直な心をもって成仏していくもの。いつでも「初心に立ち返ること」が何よりも大切なことだということを…。

 浅井昭衛氏が行なうべきことは、日蓮正宗を誹謗したり、「法論」を要求し続けることではありません。どんなに虚勢を張っても、あなたが求める「特別待遇で宗門に復帰すること」はもはや、日蓮正宗には用意されてはいないからです。

 今は、

(まず第一に)地位や名誉、誇りをすべて捨てて、ただちに顕正会を解散し、浅井家そろって日蓮正宗の末寺の、普通の信徒として再入信させていただきましょう。まだ間に合います。今日でも、明日でも実行することができます。今、勇気ある決断をして行動すれば、令和3年の大聖人ご聖誕800年の大佳節には、家族そろってお祝いの大法要に参列することも、けっして夢ではありません。

 第二に、全国にいる顕正会会員の皆さんに、浅井昭衛氏ご自身から直接、指示を出してください。その指示とは、「全国各地にある日蓮正宗寺院に、指導と救いを求めていくよう」勧めること。これを徹底し、自身の信心をやり直していくことこそ、これまで40年以上にわたって積み上げてしまった謗法罪障を消滅していく唯一にして絶対の道であると、一日も早く気づいていただきたいものです。

 

毎月の行事

 

  ● 先祖供養 お経日  

      14:00/19:00

※日程変更あり・要確認

 

第 1    日曜日 

  ● 広布唱題会      

      9:00

 

第 2    日曜日 

    ● 御報恩 お講  

            14:00

 

お講前日の土曜日  

     ●お逮夜 お講   

            19:00

http://www.myotsuuji.info